投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

当事者の沈黙と経験者の苦しみをつなぐもの 『「当事者」の時代』佐々木俊尚/光文社新書

イメージ
一部で話題だということなので読んでみた。元本多勝一ファンとしては4章の本多論がおもしろかったものの、全体的には、著者なりのジャーナリズム論が展開されているだけで、僕が最も期待していた、「当事者論の最新理論」とは出会うことはできなかった。

あれは10年以上前になるだろうか、当時の僕は今以上に「哲学」していて(阪大・臨床哲学に入ったばかりだから張り切っていた)、なんでもかんでも徹底的に、根源的に、「土台から」問い直したかった。

その問い直しの一つのテーマに「当事者論」があった。
当時の僕は淡路プラッツに入ったばかりで、その前の個人事務所(ドーナツトーク社という名前だった)で行なっていた訪問活動も並行して展開していた。訪問先は当然、いわゆる「純粋ひきこもり」の青年たちが中心だった。

それとは別に、当時は徐々に「ひきこもり当事者たち」がカミングアウトして、それぞれの体験を語ったり書いたりし始めていた。僕は仕事を通して、そうした方々と日常的に親交を深めていったが、徐々に、訪問活動で日常的に接している「純粋ひきこもり」の青少年たちとは微妙に違う質感のようなものに気づき始めていた。

ひとことでいうと、「自分に対する饒舌度」が、純粋ひきこもりの青年とカミングアウトした青年とは極端に乖離していた。
純粋ひきこもりの青年は、多くの場合自分のひきこもり体験について語らない。自分がどのようにしてひきこもり、ひきこもったあとどういう思いで生活しているか、それは僕や親御さんが知りたいことではあるが、当の青年は一向に語ることをしない。

最初は意図的に語らないのだろうと思っていた。だが長期的にかかわっていくうち、どうやら彼ら彼女らは語らないのではなくて「語ることがない」のだということに気がついた。

ひきこもり支援者であればよく体験することだが、どこからみてもバリバリの純粋ひきこもり状態であっても、自分は「ひきこもりではない」と言い張る青少年がいる。また、ひきこもり体験の「原因」を聞いても、「忘れた」と言う青少年も珍しくはない。
後者はトラウマ論と結びつくと思うが、前者は「当事者とは何か」という問いに直結すると思う。
つまり、「当事者」であればあるほど、そのことがらに関する出来事や説明を、自分自身とくっつけて了解できない。

これは精神分析的に見ると、トラウマ論を中心とした複雑な理論で説明することは…

ソーシャル・イノベーションの「集積」

イメージ
セピア調のiPad(Airが台、Xiも隣)

1.新型iPad

Facebookにもいくつか感想を書いたが、昨日やっと新型iPadを買った。梅田ヨドバシになかったので一瞬焦ったものの、心斎橋アップルストアには山積みしていた。

噂のretina(網膜の意味)ディスプレイは確かに美しいが5分で飽きる(1時間くらい経過すると目が痛くないことに気づき、改めてその素晴らしさを実感できるが)。
その後半日研究して出した結論、それが「アップルのイノベーションとは、新型iPadのような優秀な新製品だけを指すのではなく、それも含んだアップルサービス全体のことを指す」だった。

新型iPad(あるいはiPhone4S)は単なる「美しい窓」でしかない。その窓を抜けた先には、iOSやOSライオンが支えitunesやiCloudで構築された「アップルワールド」が待っている。
たとえばiPhone4Sで写真をとる。それは自動的にiCloudによって僕の持つすべてのアップルディバイスで共有され、それぞれのディバイスに自動的にとりこまれる(これがiCloud)。
ちなみに今回添付している写真も、さっき隣の部屋で充電中の新型iPadを撮ったのが、いつのまにか僕のMacBook Proのiphotoというソフトに取り込まれており、このブログに添付する際に自然とアルバムの一枚として現れる。僕はそれを選択するだけだ。

itunesにしても、過去に僕がitunesで買った大量の曲群がどのディバイスからもダウンロードできるようになった。新型iPadには、以前のようにパソコンから改めて移行させなくても、itunesの曲に関してはクラウド→iPadという流れでダウンロードできてしまう。

素晴らしすぎる。iPadは、これら一連の流れをノンストレスで行ってくれる出先窓口にすぎない。
ジョブズ復帰以前からアップル製品を使用してきたが、皮肉なことに彼が亡くなった今、おそらくジョブズがやりたかったことが完成したと思う。
製品を含んだサービス全体で世の中をゴロっと動かす、というか便利にしてしまう、これがつまりはアップルのイノベーションだろう。

2.イノベーションの「集積」とリジットなタコツボ社会

イノベーションが一新製品の制作だけにとどまらないことは、最近その手の論文には共通して書かれている。
アップルのような技術革新と価値創…

「NPOコーポレート哲学」は可能か

昨日僕は48才になった。確かにこの年になると誕生日にはまったく興味ないが、Facebookの「友だち」のみなさんからおめでとうメッセージをたくさんいただくと、何となくうれしい気分になってくるから不思議だ。
あと、四国の母親と僕は誕生日が同じで、しかもそれがホワイトデーの3月14日だから、その点もだいぶ気に入っている。病気後、僕は母親との時間を大切にしようと思っており、4月からは月何日かは在宅勤務ならぬ「実家勤務」を実行しようと思っているほどだ。

「病気」と書いたが、 僕が脳出血で倒れてからはや1年半たった(詳しくは右欄「200号を転換点として」参照)。当ブログを開始してからも1年が過ぎている。
しばらくはこのブログが僕にとっての最大の仕事だったから、アクセス数をあげようと思ってさまざまな工夫(「橋下知事」や「スティーブ・ジョブズ」のような話題の言葉をタイトルにしたり、立て続けに書評したり)をしたが、この前、なぜかヤフーニュースとリンクされ瞬間風速で1日4000アクセスまでいったあとは気分的にも落ち着いてしまい、アクセス数にもこだわらなくなった。

毎日の仕事がだいぶ忙しくなってきたこともあるが、第一は、僕の身体が本当に「健康」になってきたことで、頭の中がだいぶすっきりしてきたこともある。
そうなると(つまり健康になり頭が冴え始めると)、元々の僕が現れ始めた。
でも心配しないでくださいね。食生活や働きすぎにはかなり気をつけているので、おそらく10年あるいは20年程度はこのままの生活が続くような気がしている。
頭の中が冴え始めたということはつまり、本格的に「哲学スイッチ」が入り始めたということだ。

その哲学スイッチのターゲットはいま、「NPO経営」に向かっている。
思い起こせば15年前、日々の青少年への支援仕事に行き詰まりを感じ、臨床心理学でもない、ソーシャルワークでもない、かなり迷ったが精神分析でもない、とさまよった挙句たどり着いたのが、大阪大学「臨床哲学」だった。

当時はまだ鷲田清一先生が現場で指導されていて、そこに中岡成文先生や若き本間直樹先生ががっちり脇を固めているという、僕にとっては最強布陣の教師陣だった。
加えて、臨床哲学黎明期の当時は社会人院生が半分以上を占めていて、医療や教育の最前線で奮闘する「学生」さんたちのエネルギッシュな議論を毎週聞くことができた…

日本での「ソーシャルシフト」〜『ソーシャルシフト』斉藤徹/日経新聞出版

イメージ
この本でいう「ソーシャル」は、ソーシャルメディアのソーシャルのことで、具体的にはFacebookの拡大に伴う「シェア(情報共有)」の文化を指す。
ソーシャルメディアを活用した口コミ情報が今以上に威力を持ち、発信側からの一方的な情報コントロールはできなくなる。その(口コミ等の)市民パワーを意識するため、発信側(主として企業)には、社会貢献等の「誠実さ」が求められる。

アメリカではFacebookの拡大とともにこのような「ソーシャルシフト」が起こっているのだろうが、日本ではもうひとつの「ソーシャルシフト」が起こっていると僕は思う。
それは当然、東日本大震災後に訪れた、「ソーシャル」を尊重する雰囲気・空気・エートスを指す。このソーシャルは「絆」という言葉でも表され、またNPOを中心とした「社会貢献」が注目されていることにもつながる。
企業レベルでは、たとえばトヨタが「アクア」のこんなホームページ(http://aquafes.jp/top/)を提供していることにもつながる。

東日本大震災以降、日本では、ソーシャルという言葉を中心に、ソーシャルメディア、社会貢献、ボランティア、情報のオープン化等が速いスピードで展開されている。
欧米(あるいは世界全体)が主としてソーシャルメディアを中心に展開されている「ソーシャル」ムーブメントに対し、日本では時代の転換点のキーワードとして「ソーシャル」はあり、その現実化のひとつとして「ソーシャルメディア」や「社会貢献」はある。

NPOの発展(たとえば認定NPO等)も、そうしたパラダイムシフトとしてのソーシャル化の流れのひとつに位置づけられる。
1990年前後にひとつのピークを迎えた「個人/ポストモダン/バブル/高度資本主義」等の意味の連鎖はすっかり影を潜め、現在は「ソーシャル」を核とした一連の意味連鎖(社会貢献、オープン、フリー、NPO等)が時代の「空気」をかたちづくっているように僕には感じられる。

ただ、「社会」や「ソーシャル」には、本来さまざまな意味が含まれる。
人によっては、「持続可能な」社会や「社会民主主義の」社会等を思い起こすだろう。現在用いられているソーシャルは、どちらかというとこのような「持続可能」的な比較的暖かい意味を指していると思う。

僕は、社会というと時に「強欲」とまで形容される資本主義社会のことをすぐにイメージする。…

池田信夫さんだったらもっと別のやり方ができるだろうに

イメージ
今日の午前中は香川県の実家で過ごし、午後から大阪へ移動する。 1年半前の大病(脳出血)をきっかけに、実家での「在宅勤務」(月4日ほど)を4月から取り入れる予定で、いまはその根回し&実験中。いまの僕の立場だと、iPhoneとMacbookairとSkypeがあれば問題なく移行できると思っているのだが、それも4月末になればわかるだろう。
ところで昨日はブログも書かず、下のようなショートエッセイをFacebookに書いてみた。23才でさいろ社(http://www.sairosha.com/index.html)という小出版社を友人の松本君と立ち上げて以来、47才のいま(NPO代表&支援者になってしまったが)にいたるまで、僕は一貫してこんな思いを抱き続けている。

池田信夫さんのブログを見てたら、またこんなある意味「正論」が。「エネルギー政策を語るビルゲイツ」
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51777428.html
このブログには4,600人が「いいね!」してるが、これを「日本人も変わってきたなあ」とみるか、「なんでこんなにも『議論できる』人がいるというのに、日本は日本のままなのか」と嘆くか。僕は後者。
池田さんは丸山真男の本をしきりに書評していたりして、そうした「タコツボ日本文化/エートス」をことさら意識しているというのに、書くものはいつもこうしてとんがっている。
とんがってる人を支持してるが4,600人もいて「これで日本は変わっていくのかなあ」(脱原発の是非ではなく、「議論の積み重ねで根本的な制度/大システムを変えていくことが我が国では可能か」ということです)と思わせながら、実はたった4,600人だったりする。
だから池田さんみたいな人にはこんな「直球」議論じゃなくて、もっと戦略的に日本を変えていくワザを期待しているんだけど。やっぱ、めんどくさいのかな。★

このように、タコツボ社会/過剰なコンセンサス社会/大きな決定ができない社会の世界代表である日本に対して、「決定できる国にしよう」と言ってきたのが、ここ50年の日本のあり方だった。 論者レベルでは丸山真男から池田信夫まで(というか論者すべて)、経営レベルでは盛田昭夫から柳井正まで(というか日本の先端企業経営者のすべて)、市民レベルではこのようなことに関心がある僕のような末端市民も含…

青少年支援の「ブルーオーシャン」〜“潜在性”へのアプローチ〜

イメージ
そういえば21日のイベント(ニート800人集会http://osaka1gan.jp/news/25.html)の出演体験レポートもしないまま、先月から今月にかけて怒涛の10日間が過ぎた。ああ、忙しいってこういうことだったなあと思いながら僕は何とかすべてこなしたのだが、そうしてのんびりしていると、いきなり当ブログの閲覧数が4.,000を超えた日があった。
それは結局、ヤフーニュース経済版の大阪特集の中に当ブログがなぜかリンクされたことが原因だったのだが、いつもは多くて200くらいの閲覧数が、あれよあれよという間に4,000まで行ったのだから最初は訳がわからなかった(ここにヤフーのバックナンバーがあります→http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=7622656&e=retail)。
取り上げられたブログ記事も、橋下市長の本の書評にパリと大阪の大きさをからませたもの(http://toroo4ever.blogspot.com/2012/01/blog-post_09.html)だったから、いやー、世の中何がきっかけになるかわかりませんねー。
翌日からは見事にいつもの閲覧ペースに戻ったから、寂しくもありホッとした感もあるものの、このネット社会では、何かのきっかけで眠っている「潜在層」とネットワークできる可能性があるんだとまざまざと見せつけられたのであった。
この話題とは直接結びつかないものの、この頃僕は、前にもまして「青少年支援分野の『ブルーオーシャン(未開拓市場)』はどこにあるんだろうと考えている。 ブルーオーシャンは流行りの経営学用語らしく、当ブログの読者は青少年自立支援の現場に関わる人達が大半だと思うので、「市場」といったドライな語感には反感を抱かれるかもしれない(関心ある方は『「ブルーオーシャン戦略」がわかる本』中野明/秀和システム、等をご参照を)。
ブルーオーシャンは二種類あり、それは①まったく新しい市場の創造、②市場の「境界」を引き直すであり、考案者のキムらは②を主としてブルーオーシャン戦略だとする(たとえばスターバックスのような新しいコーヒーショップの「創造」)。
僕は、青少年支援においては、①の困難なブルーオーシャンのほうが有効性があると思っている。わざわざ新しく境界線を引いて市場を再創造しなくとも、青少年自立支…