投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

youtubeインタビュー2「中間支援は黎明期のNPOにこそ必要」〜NPO法人しゃらく理事・小嶋新さんインタビュー

イメージ
■10/6シンポジウム、予約ピーンチ!

というわけで、宣伝をサボっているせいか、実質ゲスト1人のためか(京都サポステ松山さん、すみません+よろしくお願いします!!)、20年プラッツももう終わりなのか、単に「理念型シンポジウムの時代がすぎ少人数型実践セミナーにニーズが移ったため」なのか、わざわざ出かけてくるのがみんな面倒になりこのブログにあるような動画を見るほうが手っ取り早くなったためか、たぶん全部が原因だと思うが、いずれにしろ10/6シンポジウムの予約状況がピンチだ。

このままでは50人定員の1/3も埋まらないかもしれない。そんなわけでみなさん、これからの青少年支援のキーワード「イバショ」を考えるこのシンポジウム、もし何か引っかかるものがあればご予約のほど、どうぞよろしくお願いします。

「イバショ〜なぜ子ども・若者に必要なのか」(10/6〈土〉14:00〜16:00、ドーンセンター)予約電話は、06-6324-7633、メールawajiplatz@gmail.comでも受け付けます。

もしよろしければ、11/3(土)「潜在化する10代〜高校中退予防の現場から」と、12/1(土)「発達障害〜告知と提示〈仮〉」へのご予約もよろしくお願いします〜。
20周年記念とはいえ、ネットで便利になったこのご時世に、やはり3ヶ月連続シンポジウムはきつかったかな〜。


■シェアNPOとオルタナティブNPO part2

といいながらも、来年1/19(土)にも、少し「メタ」な角度からイベントを開催予定にしている。
テーマは、「シェアNPOとオルタナティブNPO part2」。

同テーマで開かれた第1回目に関しては、こんな記事も書いた。
6/25イベント「シェアNPOとオルタナティブNPO」報告

ボランティアで出演していただいた工藤さんと加藤さんのご都合に合わせて開いた第1回目は、平日の午後に開かれたのにもかかわらず、50人近くの方々に参加していただいた。さすが、工藤さん、加藤さん!!
主催の関西カウンセリングセンター・古今堂さん、ありがとうございました。

次回の会場も、おそらく前回と同じ関西カウンセリングセンターになるはずだ(今から確認予定です〜)。
このように、イベント企画を現在進行形で報告していくというのも現代的だなあと思っている次第。



今回は、1/19のゲストに予定している、NPO法人…

スモールステップスケールver.3.0

■3.0にバージョンアップ

このところまた講演する機会が多くなり、とはいっても以前よりはだいぶ肩の力の入らない脱力系講演なのではあるが、ひきこもり・ニート支援にとどまらず、やはりNPO経営や日本社会の行く末などにも話が及んでしまう。

基本的にフリートークなのだけれども、何か指標のようなものは必要だろうと思って、例の「スモールステップスケール」をコピーした簡単なレジュメを用意していく。
そのレジュメを見ながら説明するのだけれども、従来のレジュメでは、「生活支援」や「キーパーソン」の中身について、あまり親切ではないということに気づいた。

そこで、ver.3.0として、下記の新スケールをつくってみた(これまでと同じくコピーフリーなので、関心ある方はどんどん使ってくださいね〜)。

10の専門力〜青少年支援専門NPOスタッフに求められるもの〜

イメージ
■「〜力」は嫌いだけど……

おっと、気づけば前の記事から1週間がたっている。この間たくさんのことがあったが、今回のブログでは、またiPhoneでのビデオもアップしつつ、青少年支援専門NPOスタッフに求められる「10の専門力」というものをまとめたので、ここにまとめておこう。

ビデオにもあるように、僕は「〜力」、というのを好きではない。というか、嫌いだ。
だが、どうも最近は「〜力」とつければ少し注目されるようだ。そんなわけで以下、軽〜い気持ちで、「〜力」をつけまくってしまおう。

文章で解説する前に、いつものiPhoneビデオによるyoutube動画を貼り付けてみるが、どうもホワイトボードの字が判別しづらいため、表にもしてみる。

脳出血の後遺症か、広汎性発達障害という言葉が浮かんでこない、よれよれスピーチ。

青少年支援NPOスタッフに求められる10の専門力