投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

死と生命の渚〜初めてのハワイ〜

イメージ
■もうひとつの顔をもつハワイ

みなさん、アロハ!! 日本では秋も深まり多くの方々は仕事に忙殺されていると思うが、僕はこの5日間のんびりハワイに行ってきた。
そこで、ここ最近の当ブログのテーマでもある「死と生」について、の〜んびり考えたので、簡単にブログっておこう。

下のyoutube動画でも僕が語っている通り、ハワイという土地は、日本で一般的に流通しているイメージとは違うもう一つの顔を明らかにもっていて、それは一言でいうと、「生と死のあいだ」にある領域だということだ。

陽気なVサインとともに、ハワイを語る。1分半と短いです。帰りのリムジンの車中で。リムジン、最高〜
これは沖縄にも共通する。海や水平線や半永久的に押し寄せる波にぐるっと囲まれている沖縄やハワイでは、現代社会が提供する「リゾート」的なものを超えた、生命の渚のような空気が時々漂う。
僕は特定の宗教を信じているわけではないものの、あえていうと、宗教(言語や文化)が成立するもっとずっと前からそうした「生命の渚」は我々地球の生命体を取り囲んでいると僕は想像している。

オアフ島北西部の景勝地。 こうした土地の地名は、土地が発するものを逆に邪魔すると僕は思う。
ハワイのフラ(ダンス)は、そうした「渚」において石器時代から延々と伝わるある種の「トーク」だとも思う。ゆっくりと身体全体を使って、身体の斜め上辺りに手を差し出す、そのポーズが印象的だ。

■生のサイドでポジティブに

こうした空気は、前回当ブログでとりあげた「エヴァQ」とは対極的な位置にあると僕は思う。
エヴァQは今も思春期に囚われ続け、それはある種の「自意識の奴隷」であり続けている。「エヴァ破」において、そうした思春期/自意識の奴隷から一歩抜け出し、エンタメ/他者の世界に踏み出そうとしたものの、数年たって結局元の思春期の奴隷に戻ってしまった。

思春期の奴隷状態から抜け出すには、エンタメという近現代的「他者」の世界という手がある。
どうせこの世界は自分が自意識でごちゃごちゃ悩む前にそもそも「他者ベース」なのだから、初めからそれを引き受け、他者の快楽の最大公約数的な作品を作ってしまおう、というわけだ。エヴァ破はその線の傑作だった。

だがもうひとつ手がある。それが、ハワイに表象される「生と死の渚」から始めるという手だ。そのエリアをとことん意識した上で、生のサイドでポジテ…

よりハードにそのセカイにひきこもった〜エヴァンゲリオンQ〜

イメージ
■永遠の思春期ループワールド

『エヴァンゲリオンQ』がついに公開された。僕は3日目に見に行ったが、平日のマイカル・シネコンだったため、客の入りはガラガラ、のんびりゆっくりと見ることができた。のんびりゆっくり、子どもの声や若者の雑談に気を取られることなく、映画にのみ意識を集中できる環境だったのだが……。

残念ながら、開始30分くらいから僕の意識は映画を離れ始めた。そのあまりの古さ、世界の固定化、作家性の枯渇に唖然としながら。

話題の冒頭6分バージョン。この迫力に騙されるとあとでしんどい。
2ちゃんねる等ですでに様々な議論があるが、僕はこの『エヴァQ』は駄作だと思う。前作の『エヴァ破』がエンタメ作品としては優れものだっただけに(詳しくは当ブログ記事「エヴァQ」は駄作だろうhttp://toroo4ever.blogspot.jp/2012/09/q2.html参照)、この2本の格差は驚愕ものと書いてしまってもいいと思う。

庵野監督は、やはりエンタメに徹することはできなかった。それどころか、90年代のセカイ系の泥沼に囚われたままだということをこの『エヴァQ』で露呈してしまった。「本当の死」を『千と千尋』で描いた宮崎駿とは異なり、永遠の思春期のループワールドを庵野は生きている。それがあまりに痛々しい。

■究極のセカイ系

ストーリーはあってないようなものだ。地球どころか、たぶん全宇宙と全次元の生成と滅亡に、2人の人間(シンジ・アスカ)と1人の「使徒」っぽい存在(カヲル)と1人のクローン(レイ)と謎の生命体(マリ)が関与するという話。
物語の後半はこの傾向が徹底され、特にはじめの4人(シンジ・アスカ・カヲル・レイ)のアングラ劇を見せられているような気になる。これは大学の演劇研究会か? と突っ込みながら僕は見ていた。

エンタメに徹しない庵野が寄ってたつ物語構成パターンは、例の「セカイ系」で、主人公の日常のあり方が全世界と全宇宙の運命を決めていくというものだ(詳しくは当ブログ記事決断主義と若者http://toroo4ever.blogspot.jp/2011/08/22.htmlなどを参照)。

が、セカイ系はセカイ系でも、ここまでスケールが大きなセカイを、ここまで少人数の人々がすべて握っているという話はかつてあっただろうか。そりゃまあ、たとえば「ぼくらの……」や「グレンラガン」…

僕の残り人生の主題は「自由」のようだ〜あなたのテーマは?

イメージ
■管理社会とは別の平面にある、「自由」

48才にして僕は、というか48才になったおかげで、といいったほうが正しいのだろうが、自分の残りの人生のテーマがはっきりした。それをこの頃明確に意識できるようになったので、ここに時々確認のために戻ってこれるように、ブログにも記しておこう。

それは、超ベタ〜だが、「自由」なのであった。

再確認したのは、前回の菊地・大北インタビューの中での大北さんのこの発言部分だった。重要な部分のみを1分30秒にカットしたので、以下に貼り付けてみる。


前回ブログ動画part2のうち、後半1分30秒部分を抽出。 僕の問いのあと、大北「自由」発言。1分半なので気軽です。
大北さんの「自由」は見てもらえればわかるが、「私が私で答えることが、自由であることのきっかけとなる」と説明している。この発言の前段として、現代社会での統計数字等を用いた「管理化」の強化に言及されており、これは大北さんの研究背景からも当然フーコーの議論が結びついてくる。
ただここでは哲学的背景はおいといて、管理社会とは別の(あるいは同時ではあるが別次元の)生き方として、「私が私で(実名で)語る」があり、そこにこそ「自由」が深く絡む、といった大北さんなりの生き方のマニフェストのようなものが提示されている。 自由の平面が、管理社会の平面とは別の場所に横たわっている、ということだ。そのために、大北さんの場合は「私で語ること」がある。
■ポジティブな「自由」
もうひとつ、9月13日の当ブログ記事「自由になるために」を引用しよう。 ここでは、僕の恩師である、大阪大学大学院「臨床哲学」准教授・本間直樹先生がインタビューに答えてくださっているのだが、このビデオ2の5分20秒すぎに、「自由」という言葉が出現する。

「自由」に関して長めの説明なので、あえて編集せず再録。 5:20すぎまで早送りすると、「自由」が出現します。
本間先生が提供する「ワークショップ(先生はこの表現は嫌うだろうが)」の2時間という枠組みの中で、参加者がその2時間の間「自由に生きる」ことは、「あらゆる意味で重要だ」とする。
その先はまだ先生は煮詰め切っていないものの、参加者の「顔」が明らかに違うと、そうしたワークショップの主催者は先生に指摘するのだそうだ。 そして、実はそれらワークショップの形式や道具(コミュニティボール)は二次的なものであり、…

発信力とは、応答と名乗り〜グループ「哲学者になる」(菊地建至さん+大北全俊さん+田中)インタビュー

イメージ
■お知らせ■淡路プラッツ20周年シンポジウム③「発達障害を伝える責任〜告知と提示」http://awajiplatz.web.fc2.com/seminar.sinpo.htmlのご予約を受付中!! 
おかげさまで残り座席は少なくなってきました。お申込みは、電話(06-6324-7633)かメール(awajiplatz@gmail.com)で。


■あやしい「〜力」

NPOや社会貢献、それに類する「業界」では(経営学的なものにも多く見受けられるが)、この頃よく「発信力」という言葉が登場する。いわく、発信力を磨く必要がある、アドボカシーのためにも発信力は必要だ、等々。

基本的に僕は、こうした「発信力」的ネーミングはあやしいと思っている、というか、あまりに言葉が軽いと思っている。
発信力だけではなく「〜力」というのは数年前から大流行で、元々この〜力の「力」は、「聴くことの力」(鷲田清一先生)の「力」あたりから来たようにも感じているが、鷲田先生の言葉の意味から遠く離れ、巷の「力」はものすご〜く軽くなった。

が、こうした流行言葉にあえて乗っていくことも僕は楽しんだりする。今回は、哲学の友人である、菊地健至さんと大北全俊さんにインタビューするというかたちで、この「発信力」というのを少しだけ深く考えてみた。

ビデオ1(9分) 各々の自己紹介。左手前が大北さん、右奥が菊地さん。 最後に、「応答」と「名乗り」が出てくる。
ビデオ2(9分) 「応答」と「名乗り」がいかに発信力につながるかを説明。 最後のほうに「自由」という言葉がさらりと出てくるが、僕はこれにひそかに感動した。
ビデオ3(6分) ビデオ2の補足と、最後に「哲学者になる」の説明を田中から。 この3から見てもいいかもしれない。
■純粋な「発信力」など、ない

ビデオ1にもある通り、菊地さんは関西の10以上の大学で教える筋金入りの非常勤講師、大北さんは大阪大学「臨床哲学」の教員だ。お二人とも僕は尊敬していて、菊地さんには淡路プラッツが行なったこの夏のスタッフ研修で、2日間みっちり講師役をお願いしたし、大北さんには僕が臨床哲学の「モグリ院生」だった頃からお世話になっている。

ビデオは3本合わせると25分近くになるから、全部見るのはしんどいだろう。幸いにyoutube動画は軽くなっているようだから、早コマ送りでざっと流し見することもできる。

お…

「Z世代」とデザイン〜NPO法人co.to.hana.西川亮さんインタビュー

イメージ
■閑話休題

20周年記念プラッツ連続シンポジウム、無事成功した2回目は前回報告したが、ラストは「発達障害」をテーマに開催する。
詳しくは、「発達障害を伝える責任〜告知と提示http://awajiplatz.web.fc2.com/seminar.sinpo.html」を参照願いたいが、今回は閑話休題で少し別の話題。

20周年を迎えた淡路プラッツ、この際CIも敢行しようということで、ロゴを一新する作業にとりかかっている。
一新というか、これまでいろんなかたちでとり散らかってきたロゴ/マーク/ブランドイメージを、この際ひとつに絞り込み、「プラッツといえばあのマークね」というものを創造しようということだ。

こんなこと、一般企業であれば当たり前の作業だが、NPO業界ではまだまだ目新しいジャンルだと思う。一部のNPOを除き、ほとんどのNPOは、「ブランドやロゴなんかにお金をかける余裕があれば、人件費にまわしたい」というのが本音だろう。

デザインに関するトークが「ポスト近代」に関するトークに気軽に結びつく(後半)。 こうしたことが、激動期の現代で「デザイン」が注目される理由だ。
だが、そうした広報に対する戦略性のなさが、各NPOの事業展開の狭さにつながり、結局は限られた範囲での社会貢献となってしまう。
社会貢献を社是とするNPOこそ、アップル並みに広告費のパーセンテージを拡大する必要があると、この頃の僕は思うようになった。

■Z世代

そんなわけで、淡路プラッツの新ロゴをお願いしているNPO法人コトハナhttp://cotohana.jp/の西川代表に「NPOとデザイン」をテーマに語ってもらったので、そのyoutube動画を貼り付けてみよう。

西川さんは86年生まれなので、26才。いわゆる「Z世代(あるいはプレZ世代〜団塊ジュニアがY世代なので、その次の最も新しい世代ということです)」に入る若者だが、映像を見ていただければおわかりになるように、「デザイン」を語り始めるととたんに熱くなる。

その雰囲気は、いかにも現代の若手起業家という感じ。
僕が友人の松本君と出版社「さいろ社」を創設した時も、80年代後半なりのあり方で我々はそんな「起業家」然としていたのだろう。

けれども、西川さんはいかにも現代の若者らしく、自然体だ。
デザインと社会貢献という硬っくるしく且つつながりにくい2つの…

高校こそが最大のセーフティネット〜11.3シンポジウム「潜在化する10代」より (youtube動画)

イメージ
■深まった議論

昨日11月3日、クレオ大阪北にて、淡路プラッツ主催20周年記念連続シンポジウム②「潜在化する10代〜高校中退予防の現場から」が開催され、無事満員御礼となった。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
また、ゲストの肥下彰男さん(府立西成高校)、白水崇真子さん(豊中パーソナルサポートセンター TPS)ありがとうございました。

ゲストお二人と「となりカフェ」事業責任者の辻田梨紗(淡路プラッツ)を加えた三人が、前半の1時間を使って発表した。肥下さんは、主として「貧困」「障害」という視点から困難を抱えた高校生の問題に言及し、白水さんは、TPSの実践に加え、豊中市内にある定時制高校での中退予防の取り組みについて発表された。

これに加え、今年度限りの事業(そのため予算的にも少額)というハンディは抱えながらも、多方面から注目されている「となりカフェ」の取り組みを辻田が報告した。
辻田の報告は、昨年彼女が行った内閣府主催の海外研修事業での見聞(ドイツ)も交えながら、現在の我が国にとって、いかに「高校中退予防」への取り組みが重要かということを強調したものになった。

part1 8分。大坂の高校中退の現状が簡潔にまとめられている。ちょっと手ブレ気味の撮影です……(撮影・田中+iPhone5)。
part2 9分。前半はドイツの報告、後半に「となりカフェ」の報告。
■ドイツと日本

後半は、前半の三氏の発表をもとに、論点を整理した上で、簡単なディスカッションを行なった。
今回の議論の最大のポイントは、「我が国では、高校がセーフティネットになった」ということだ。

今から30年前、つまり80年前後に高校生だった僕のような年齢層(社会の中角層)からすると、高校は「大学の前段階」あるいは「最後の学生生活」などのイメージがある。
いずれにしろ高校生活は苦くかつ甘酸っぱいものではあるが、そこには「生活を守る」といった悲壮な覚悟を持ち込む余地はまったくなかった。

ところが現在は違う。たとえばドイツのように社会参加する際の幾層ものクッションが用意されている社会では、それぞれのクッション(職業準備のための学校や青少年を支える青少年施設、さらにはそれらの背景にあるキリスト教文化等が幾重にも重なっている)が安全装置(つまりはセーフティネット)になり、結果として社会参加がしやすくなってい…