投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

3/16NPOユースカフェお知らせと、NPOしゃらく小嶋さん寄稿

イメージ
みなさんお元気ですか!!
さて、1/19「3世代NPOと“公共性”」に引き続き、サードセクター中間支援に関して、下記のイベントを3/16(土)にクレオ大阪中央で開催予定です。
ご関心ある方は、田中メール(tanakatosihide@facebook.com)か、awajiplatz@gmail.comまで。
また、1/19イベントを、主催者の1人小嶋さんが下記に振り返ってくれました(Facebook投稿からの転載)。シェア世代ど真ん中からの報告と、他世代への貴重なコメントです。よろしければご一読を〜(田中)


第1回NPOユースカフェ「NPOに必要な“公共性”とは?」@クレオ大阪中央



2010年代になり、少子高齢社会に本格的に突入した日本にとって、会社でもなく行政でもない、社会貢献活動を行なう「サードセクター」(NPO・NG0・一般社団・株式会社等々)の位置づけは益々重要なものになってきています。
この「NPOユースカフェ」は、それらサードセクターの40才未満の若手スタッフを対象に、「カフェ」やワークショップの形式を使って持続的に育成・研修していくものです。
またこの「NPOユースカフェ」は、大阪大学「臨床哲学」から発足したカフェフィロと、NPO法人淡路プラッツの田中俊英がともに活動を展開していきます。 今回は、シンプルだけども大人も子どももなぜか話しやすくなる「魔法のボール」コミュニティボールを用いてのワークです。 みなさんもこの魔法のボールを使って、NPOにとっての「公共性」や、日々の活動を違う角度から見つめなおしてみませんか。参加費は格安の1000円設定です。 ここで気づいたことがみなさんの日々の職場に反映されることを願いつつ。(田中俊英)
■日時……3/16(土)14:00〜17:00 ■場所……クレオ大阪中央http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/index.html ■対象……関西にあるNPOスタッフ(ジャンルは問いません)、その他NGO・一般社団法人・株式会社等、社会貢献を指向する「サードセクター」のスタッフ、それらの団体に関わる学生・ボランティア等。40才以下。 ■定員……15名 ■参加費(材料費ほかに充当します)1000円
■進行……松川絵理(カフェフィロ/大阪大学コミュケーションデザインセンター特任研究員)、コーディネーター……田中俊英(…

グールドもニール・ヤングも「変な大人」、そして大島渚も

イメージ
■3/16はNPOユースカフェ

1/19、当ブログでも長く宣伝してきた「3世代NPOと『公共性』http://toroo4ever.blogspot.jp/2013/01/3npo.html」が無事終わり、今週は何となく気の抜けた1週間になってしまった。
次は、NPO等のサードセクターで働く若手スタッフを対象に、「カフェフィロ」(大阪大学「臨床哲学」より生まれた団体)と組んで、3/16(土)午後に「NPOユースカフェ」という集まりを企画している。

これは、「3世代〜」よりももっと現実に即した集まりで、サードセクターの次世代スタッフ育成を目的とする(ユースと付いているのは「若手スタッフ対象」という意味で、青少年ジャンルに限るものではなく幅広いジャンルが対象です)。
同種のものは最近あちこちにあるが、カフェフィロと組んで哲学的に根源的にかつの〜んびりざっくばらんに追求していこうっていうのがこのシリーズの狙いだ。

会場はクレオ大阪中央を予定しているものの、今日料金を払って決定ということになるので、具体的な宣伝は少し後になります。
テーマは、「NPOに必要な“公共性”とは?」で、カフェフィロイベントではおなじみの「魔法のボール」コミュニティーボールを使ったワークショップです。詳しい宣伝文をお楽しみに〜

■ニール・ヤング、グールド、み〜んな「変」

そんなわけで今日は音楽と「変な大人」の話を少し。
僕は毎日真面目なことばかり考えているわけでもなく、時々はぼんやりと仕事に関係なくネットを探索する。この頃は知り合い達がFacebookに貼り付けてくれる昔のミュージシャンの画像をのんびり見ることが多い。

そんな流れから、何となくこのニール・ヤングの「ヘルプレス」を見てみた。
変すぎて渋過ぎてかっこよすぎる〜!!
渋い。泣ける。初めてこの曲を聞いたのは確か大学2年生くらいだったか……、あれは高校時代の同級生とお酒を飲んでいてそいつがギターでがなり始め……、いや、そうした昔話はいいや。

歌詞の中身も実はどうでもよかったりする。単に、このニール・ヤングの佇まいと声が、僕をなぜか癒してしまうのだ。

そんな「youtube探索」のネットサーフィンは、ジャンルを超えて、グレン・グールドの「ゴルトベルク変奏曲」に移行した。
なぜ歌う? 
これもまたすごすぎる〜!! グールドの場合、変人を超えている…

「3世代NPOと“公共性”」報告

イメージ
■無事ミートアップ!!

昨日、「ミートアップ『3世代NPOと“公共性”』」(主催者等はここを参照)が盛況のなか無事行なわれ、さらにこの動きは加速する気配が見えてきたので、簡単に報告しておこう。

会は、①参加者自己紹介(NPO関係者から市会議員や大学関係者、また地域別では九州・熊本や岡山等の遠隔地からも!!)、②田中・小嶋・加藤が順に発表、③発表を受けてのテーマ別班分け、④ミートアップ、⑤各班からの次回に向けての「問い」提出、という順で行なった。
14時からあっというまの2時間半で、これだけのヴォリュームの場合もう少し長い時間設定が必要との意見も出たが、最初から3時間を超える設定では人も集まりにくくなる、という意見も出た。



田中・小嶋・加藤の発表は以下のとおり。
田中は、3世代NPOの説明やNPOとNGOの違いなど当ブログでここ1ヶ月書いてきたことを語った。
小嶋さんは、NPOしゃらくの歴史・シェアNPOと行政の関係・Z世代の「仕事」の領域・オルタナティブNPOにおける「カリスマリーダー後」の問題等を語った。
加藤さんは、関西におけるNPO起業家の貧弱さ、社会問題認知という点ではNPOは行政に劣ること、ソーシャルイノベーションにおける3つの要点「当事者性」「組織規模」「オープンかクローズドか」について語った。

■次回は、3月にyoutube、6月にミートアップ

休憩後のミートアップでは、3班はこのようなテーマのもと話し合った。
田中グループ「組織とビジョンの共有」
小嶋グループ「NPOとお金」
加藤グループ「NPOと『社会変革』」

3人の発表者が司会も行ない(小嶋さん加藤さん、ありがとう!!)、各グループのミートアップを、以下のような問いにまとめあげた(なお、こうした会の形式は、通常のワークショップ形式に、僕が「臨床哲学」で学んだエッセンスを少し加えている)。

田中グループからの問い「NPOにビジョン/ミッションは必要か」
小嶋グループからの問い「NPOはどのように収入をつくるのか」
加藤グループからの問い「NPOにとって、どこまでが『社会変革の射程』なのか」

いずれも根源的な問いで、簡単に答えの出るものではない。だが、こうした問いを出しあい、共有し、漸進的でもいいから何らかの答えを少しずつ導き出すという作業こそが、NPOの根本的な仕事だろう。
加えて言うと、こう…

「笑顔」と“Z”世代

イメージ
※今週土曜日1/19に迫りました! イベント「3世代NPOと『公共性』〜オルタナティブ、シェア、“Z”世代」
http://www.facebook.com/events/386883714732978/(Facebook中の同イベント案内)
http://toroo4ever.blogspot.jp/2012/12/3npoz.html当ブログでの同イベント案内)
参加者はメール申し込みも含めると20名に到達しています。
当日は、ゲスト発表とミートアップ(話し合い)のあと、最後に簡単な提案をまとめ、ゲストも含めた出席者がそれぞれの媒体(Facebook・Twitter等)で発信していくことを目指します。
僕は、「オルタナティブNPO世代(60才前後)〜シェアNPO世代(35才前後)〜“Z”NPO世代(20代)」の区別をしたあと、最近当ブロクで言及している「NPOとNGOの区別」や「公共性とイノベーション」等について言及する予定です。
当日参加もオッケーです。みなさま、どうぞよろしくお願いします。

♯ ♯ ♯

■公共性とサードセクター

この前の週末、「兵庫NPOユース合宿」という、兵庫県にあるNPOの若手スタッフが集まって学び語り合う合宿があり、僕が講師と招待された。

そこで、最近当ブログでも言及している「公共性」とNPO的サードセクターの関係性について語ったのだが、参加者の発表や意見を通して僕も大切な発見をいくつかすることができた。

最近また日常業務に忙殺されていることもあってブログ執筆時間がつくれないのではあるが(うーん、再び働きすぎ感がただよってきた、あぶない、あぶない)、今回はそうした発見の一つを、以下、ショートブログにまとめてみよう。
■「笑顔」

前回の記事(企画書を忘れることがイノベーションになる)にも書いたとおり、この頃の僕は、NPOとしてのイノベーションは、行政の委託事業の中でも少し踏ん張れば可能ではないかと思うようになってきた。

それは、事業設計レベルにも起こるし、現場の支援レベルにも起こる。
ふたつのうち、支援レベルのイノベーションが例としてはわかりやすいだろう。

たとえば、“Z”世代(20代)がよく口にする「笑顔」という表現がある(「しんどい方に笑顔を浮かべてほしい」「自分の笑顔で人々を元気づけたい」等々)。

僕のようなひねくれ新人類世代(つまり“X”世代)から…

「企画書」を忘れることがイノベーションになる〜『辺境から世界を変える』書評

イメージ
※1/19イベント「3世代NPOと『公共性』〜オルタナティブ、シェア、“Z”世代」参加者募集中!!
http://www.facebook.com/events/386883714732978/(Facebook中の同イベント案内)
http://toroo4ever.blogspot.jp/2012/12/3npoz.html当ブログでの同イベント案内)
参加者は現在17名!! 目標の20名までもう一息です。
Facebook中心の集客は今回は初めてなだけに、当日キャンセルも続出するのでは、などと強迫観念に迫られているのですが、まあ考えても仕方ない。
開催まであと1週間、よろしくお願いします〜

今回は、主催者のひとり、加藤さんの本を遅まきながらプチ書評してみました。

♯ ♯ ♯




■「企画書で決まっているから」

まあプチ書評というよりは、同書を読んでいる間、いくつかのことが偶然にもシンクロし、なんとなく「上段に構えた」イノベーションというよりは「現場からの」イノベーション」がつかめそうになったので、それを書いてみる。

それはなんのことはない、とにかく「現場で粘ってみる」ということだ。

我々は行政の委託事業のなかで、なんとなく流されて仕事してしまうことがある。
それはたとえば、「◯回の講義やワークショップを行なう」という小さな事業であれば、単にその決められた回数のみの講義やワークショップを行なってハイ終わり、といった「流れの中の」仕事を指す。

また、たとえば、「2ヶ月間で8回就労実習体験を行なう」という企画書が通り、それを実際に行なうことがある。
ニートの若者を連れて8回の実習をこなすのであるが、当たり前だが9回目の実習は行なわない。
それがどんなに順調に進んでいたとしても、また9回目を行なうことで新しい展開(若者の成長や実習先とのより深まる関係性)が見えていたとしても、たいていは企画書通りの8回で終了する。

ほかにたとえば、大学中退予防事業のなかで、5回のキャリアカウンセリングを行なうという事業があるとする。
そのなかでよくあることだが、4回目まではクライエントの学生と関係は深まらなかったものの5回目のラストで「本音」が飛び出したりする。
が、よほどのことがない限り、事業執行者(つまり我々NPO)は、契約通りの5回でそのカウンセリングを終了する。

なぜそれらの事業を終了するのか…

PとG〜アメリカ型とヨーロッパ型の“公共性”

イメージ
※1/19イベント「3世代NPOと『公共性』〜オルタナティブ、シェア、“Z”世代」参加者募集中!!
http://www.facebook.com/events/386883714732978/(Facebook中の同イベント案内)
http://toroo4ever.blogspot.jp/2012/12/3npoz.html(当ブログでの同イベント案内)
1月6日現在、講師も含めて参加予定は14名!! 十〜分、広い会議室ですので、1月のお忙しい土曜日だとは存じますが、下記ブログ記事などに興味を抱かれた方はどうぞご参加ください。
3人(田中・小嶋・加藤)の発表のあと、参加者も含めてミートアップ(ざっくばらんな語り合い)します。
オルタナティブ世代(60才前後)・シェア世代(35才前後)・“Z”世代(20代)という「世代」で区別する縦軸と、前回のブログでのイベント案内(行政の事業・寄付・中間支援等)や今回のブログで言及するPとGの「公共性」で区別する横軸を重ねあわせれば、2010年代以降の「公共的」ムーブメントの具体像が表れてくる、そんな気がしてきました。

グラフをつくってはりつけるのがめんどくさいので、以下に罫線でそれらしくつくってみると(ズレずにうまくいくかな)……。


公共性A(行政・寄付・中間支援)  公共性B(PとG)             ——————————————————————————    ・オルタナティブ │
世代 ・シェア     │     どう組み合わせるか?
   ・“Z”        │


♯ ♯ ♯

■2つの公共性〜Non-ProfitとNon-Government

ということで、どんどんイベント案内が大きくなっている当ブログだが、1/19まではお許しください〜。Facebook(僕の「友達」は500人程度)とこのブログ(更新日は500アクセス、ふだんは250アクセス程度)だけで、しかも参加者に直接利害の及ばないメタ的テーマで、どれだけ集客できるかの実験でもあるんですね。

あら、案内だけでブログ限界文字量(読者が一ブログに立ち止まることのできる文字数は、上限2000字程度だと僕は思っている)半分を占めてしまったので大急ぎで以下書いてみよう。

今回のタイトルにあるPとGとは、「NPO」と「NGO」のそれぞれのPとGで、それらは当然、ProfitとGove…

地雷~父と母にとっての最初のステップ

イメージ
★お知らせ★「3世代NPOと『公共性』~オルタナティブ、シェア、“Z”世代」(1/19、デザインクリエィティブセンター神戸)参加者募集!!
開催日まで当ブログ冒頭で申し込み状況を報告していきますね。またその状況は、Facebookのイベントページで検索していただければすぐに見つけることができます(たぶん、田中ほかの「友だち」になる必要がないので気楽)。
ちなみにこの3日間で1名のお申し込みがありました(ありがとうございます~)。ミートアップというイベントの性格上、youtube発信するとはいえ、20名はほしいところ。こうしてネットで報告していくというのも、実験的な当イベントならではですね。

さて、今回のイベントの意味が僕にもうすうすわかってきました(今頃!!)。
「公共性」のウラには、以下のテーマが潜んでいます。
①公共性と行政/委託事業 ②公共性と寄付 ③公共性と中間支援 ④公共性と民間/株式会社との連携

特に①と②は重要でしょう。ご関心ある方は、12/23の当ブログ「3世代NPOと“公共性”」でも場所等をご確認のうえ、淡路プラッツメール(awajiplatz@gmail.com)かtanakatosihide@facebook.comまでお申し込みください。参加費500円。みなさま、どうぞよろしくお願いします。

♯ ♯ ♯

■2013年は「地雷」論と「変な大人」論で!!


みなさま、あけましておめでとうございます。
今年も淡路プラッツと当ブログをよろしくお願いしますね。

さて、年が明けてのブログ第一弾は、昨年12月に茨木プラッツで行なった僕の講演から、「地雷」について説明した部分を動画で紹介する。



地雷①3つの地雷(仕事・親の健康・同級生)についてまず説明
ひきこもり青少年にとっての「地雷」とは、彼ら彼女らが触れてほしくない話題のことで、具体的には、拙著『ひきこもりから家族を考える』(岩波ブックレット『ひきこもりから家族を考える』)やビデオ①で説明しているように、「仕事・将来」と「親の健康」の2つに分かれる。 またビデオ①では、これに加えて当事者の「同級生」も提案している。
この地雷議論、これまで4年以上、何回も何回も語っているがまったく飽きられず、北は北海道から南は沖縄まで、どこで語っても聴衆の食いつきのいいテーマだ。 個人的には何となく飽きてしまったテーマではあるものの、それは僕の勝手な都…