投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

変な大人は「変な待ち方」をする

イメージ
■「変な大人」と「待つ」

最近のブログはYahoo!(http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakatoshihide/)のほうも含めて、ソーシャルセクターのあり方や階級社会のことばかり僕は書いているのだが、そういえばこの前行なった「WAZAカフェ」(実践支援スキル講座 WAZAカフェ)において、参加者の方から「変な大人」について発言があった。

参加者の方は、「変な大人」の支援のあり方と、「待つ支援」について関心をもたれており、それらをつなげる講座をまた行なってほしいというご要望をされたのであった。



変な大人については、少し前に僕はたくさん記事を書いていた。たとえばこのような記事だ(
http://toroo4ever.blogspot.jp/2013/06/blog-post_27.html

継続的に書いたりしゃべっているせいか、「変な大人」はだんだん定着してきたのかもしれず、最近もいくつか行なったミニセミナーのなかでそれは通常の言葉のように流通していたので不思議だった。
どうやら「変な大人」は、少なくとも青少年支援現場においては、それほど違和感はないらしい。

それどころか、いきなり変な大人になかなかなれない(だれでもそうだ)若手スタッフたちにとって、生真面目な若手自身のキャラ(それは言い換えると「規範」キャラということでもある)と、そうした「変な大人」スタッフをどう組み合わせれば、子どもや若者にとっていい「居場所」が提供できるのかなどという、僕にとっては嬉しい議論をしてくれることもある。

そうした議論の流れの中で、「変な大人」と「待つ支援の意味」を組み合わせて考える契機になっているようだ。

■「自由」にリラックスする

脳出血からの生還後、僕自身はますます「変な大人」化している。
特に独立してからは支援現場に入ることも格段に増え、自分の「変な大人」ぶりに自分でも感心するくらい、何かが突き抜けてしまった。

この頃は、いくつかの高校の「居場所」スタッフとして実際に高校生たちとトークしている。
そのトーク内容は、いつもながらアニメや音楽、場合によっては超真面目トークも加わり、生真面目な高校生たちに寄り添いながらも、たぶん本当に手に入れたかもしれない僕自身の「自由」(という価値観)に…

ミッションと戦略は、「組織維持」が目標ではない

イメージ
■事後的かつ「組織維持」になる、目標

NPO等のソーシャルセクターの経営・運営に関して、日本独自のテーマかもしれない問題が僕には徐々に判明してきた。

いままで、ビジョンやミッション、戦略の必要性を折に触れて語ってきてつもりではあるが、僕自身の課題も含めて、いかにそれらが日本においては困難なのか、その原因がだんだんわかってきたということだ。

それはつまり、日本の場合は、目標が「あとづけ」、言い換えると「事後的に目標が設定される」という特徴がどうもあるようなのだ。



目標やミッションが後付のため、その都度とられる戦術も、次から次に現れる目の前の問題にその場しのぎで対応していくことになる。
また目標が事後的なことから、数年単位の戦略らしいものを描けず、短期決戦に備えた戦術・作戦で終わってしまう。

目標が事後的になり、同時にその目標は「組織維持」になりがちだから、戦略(そもそも明確なものはないのだが)の終着点が描けない。
すると、「誘い話」にすべて乗って行くことになり、気がつけば組織が散漫に拡大していく。
戦略の明確な終着点(目標)がないから、これは、その組織が行なっている事業が終わりある事業であればそこで終われるが(たとえば戦争)、終わりない事業の場合(ビジネス全般)、終わりなき組織拡大か倒産・解散かどちらしかない(倒産しないのは、「潮目」を読める経営判断が優秀だということだろう)。

これはどうやら僕だけの特徴(それを克服しようと日々がんばってはいるが)でもなく、ソーシャルセクター全般の特徴でもなく、どうやら「日本」の特徴のようだ。

■リストカットの若者のように

池田信夫著『「空気」の構造』によると、この特徴は旧日本軍のものだけではないそうだが、やはり旧日本軍はその傾向がティピカルに現れた。

日本軍は対米戦争の目的を「自存自衛をまっとうし大東亜の新秩序を建設する」こととしていたそうだ。
が、「自存自衛」の解説がなく、言い換えると「自己組織の存続再優先」が最優先であり、自己組織(日本という国体と日本軍)が維持され続けると、それがアジアの平和と秩序維持につながっていくのだ、というおそろしく自己中というか自家中毒気味の戦争目的だった。

その結果、立てられる作戦は短期集中場当たり主義的なものが多く、たとえば「戦闘機は壊滅させるが燃料庫はそのまま放置」(パールハーバー)などの場当…

ソーシャルセクターの分類〜①目の前の課題解決型、②-1社会起業家型「ベンチャー」タイプ、②-2社会起業家型「社会変革」タイプ

イメージ
■目の前の課題解決型

僕はこの記事(http://toroo4ever.blogspot.jp/2013/05/blog-post_27.html)で、現在あるソーシャルセクターの種類を、「目の前の課題解決型」「社会起業家型」「社会変革型」「仕方なく型」の4つに分けた。
あれから3ヶ月が過ぎ、この議論もだいぶまとまったので、ここに要約しておく。


4つめの「仕方なく型」はいわば「その他」だから、今回は省くことにしよう。前回も書いたとおり、「仕方なく型」は1つ目の「目の前の課題解決型」の1バリエーション(というか、その不徹底タイプ)だから、大きく分けて①「目の前の課題解決型」に含むとする。

要するに①は、自分たちの近くにニーズがあり(主として「福祉」「教育」「地域社会づくり」等だろう)、そのニーズを何とかしたいという1人のリーダーあるいは団体があり、それを支える人たちがいて、がんばってNPOを取得して出発した、という日本の大多数のNPOがこれに含まれる。
団体のミッションや社会のビジョンという「理念」ではなく、まさに目の前のニーズに応えるために出発した組織ということもできる。

このタイプは、当初の賛同者からのニーズを満たしたあとに曲がり角を迎え、クライエントの地域的な規模を拡大して同種の業務を続けることになる。
この際、業務の維持は当初の「地域や賛同者のニーズを満たす(目の前の課題を解決する)」から「スタッフの給与と組織を存続させる」に変わる。このこと自体は悪くはないものの、組織内にある種の「淀み」のようなものが現れ、何のためにその業務を遂行するかという「壁」にぶつかる。

目標は「理念」ではなく「組織維持」だからこうなるのは当たり前で、これが、セカンドセクターの「会社」であれば、「組織維持」と「拡大」を支える大きなモチベーションとして「利益」「資本蓄積」があるから、リーダーが明確な目標と戦略を掲げればなかなか淀むことはない。
いや、今のソニーを見ているとそうでもないか(組織のあり方等)。

このタイプは、社会福祉法人等へと移行するか、既成の福祉・教育団体に吸収合併されていくほうがわかりやすいのでは、と思っている。経営的にも楽になるし。そうなると一時的にNPO数は減るものの、いまよりはわかりやすくなると思う。

■社会起業家型「ベンチャー」タイプ

前回からの変更点としては…