2013年11月27日水曜日

若手の臨床心理士さんが苦手です


■ずっと尊敬してきた

11月は結局ずっと忙しく、せっかくBLOGOS(BLOGOS田中俊英)とリンクできたというのに(実は当ブログ開始時からの目標だった)、新しい記事を書く時間がなく、焦っていた。
このままではどんどん更新日時が空いてしまう。ショートブログでもいいので書いてみることにする。

臨床心理士といえば僕は、精神分析とリンクして考えてしまい、フロイトやユングやメラニー・クラインや河合隼雄等、その評価はさておき、若い頃にずいぶん読んだ記憶もありそれなりに影響も受けたことから、若干の憧れをもってこれまで接してきた。

フロイトだったらなんでもいいが、この新訳全集には「症例ドラ」や「性理論3編」が収録されている。
いずれも、今もいろいろな意味で考察できる画期的な論考だ。


たとえば僕がいちばん読んだフロイトでいうと、その臨床家的保守性(なんでも精神的な病気にしてしまう)を打ち消してしまうほどの、無意識の構造や「欲動」や「欲望」等、挙げだしたらきりがないたくさんの根源的考察を行なっている。
その考察を、現代思想のドゥルーズやデリダも自分の理論に取り入れているほとで、規範的には保守的なものの、人間存在のあり方の考察に関しては、過激な現代思想に影響を与えるほど根源的だ。

だから僕は、フロイト等を底流にした臨床心理学と、それが元になっている臨床心理士を尊敬してきた。

が、最近仕事で若い臨床心理士たち(その卵を含む)と接するたびに、「あれ?」と思うことが多くなった。
彼ら彼女ら若手の臨床心理士たちは、フロイトが持っていた人間存在に対するラディカルな考察はまったくなく、フロイトたちがもつある種の(19世紀的といってもいい古くて既存の)価値だけはフロイト以上に強力に持つ。

■教師よりも保守的

強いていうと、生徒に規範を伝えるのが仕事であるであろう教師たちよりも強固な社会的規範に包まれているように感じるのだ。

教師は、規範やルールを伝えることが自分の仕事に含まれていることをアイロニカルに表現される方も多く、そうした苦笑いの中に僕はプロとしての共感を抱く。
先生である以上、仕方ないけれどもこの社会の取り組みを伝える義務が我々にはある、というある種の清さだ。

これに対して臨床心理士は自らの保守性に無自覚な方が多い。無自覚的に、社会の中心的な規範に乗っている。その無自覚な価値を抱いたまま、規範から一時的にずれる生徒たち若者たちと接していく。
その無自覚な保守性が、傷つきの最底辺にいる子ども若者をさらに追い込むような気が僕などはするのだが、臨床心理士のみなさんはたくさん勉強されているので、あからさまなミスをすることはないだろう。

が、わかりやすいミスというのではなく、なんとなくの「壁」を子どもや若者は臨床心理士に感じるのではないだろうか。

■若い心理士が苦手

当然、激しいトラウマを軽減する心理療法や、施設から求められる心理検査等、臨床心理士は支援現場で大いに役に立っている。
皮肉めいた言い方をすると、「専門家1名」として、支援機関にとっては「支援者数」の一人にカウントすることもできる。

それらトータルすると、臨床心理士は現在の支援現場には欠かせない専門家の一人だ。
が、なんとなく、僕は苦手。

特に、若手の20代の臨床心理士が苦手だったりする。
理由はわからないが、若手の臨床心理士のほとんどが説教っぽく、「自由」があまりないように感じられるからだ。
あくまで僕の感覚論です、今回は。的外れだったら多忙さに免じてご勘弁を。★


2013年11月22日金曜日

「セット」と「光」


■住吉区フォーラムの成功と「新しい孤独」

11/15に開いた、住吉区子ども若者サポートシステムづくりのフォーラム「子ども若者の『ホーム』レスとは?」は、なんと180名弱の方にお越しいただき、キックオフイベントらしい議論の拡散はさておき、その規模において予想以上の成功となった。
その報告はこのYahoo!ブログ「新しい孤独」にも書いた。

Yahoo!ブログのタイトルにもあるように、「新しい孤独」という新概念に辿り着いたことも、僕にとってはある種の達成感があり、高校生支援を中心とした毎日のありようとは別レベルで、なんとなく今週の僕はぼんやりしている。

まあ、こんなぼんやり回があってもいいか。前のNPOをやめて半年、僕なりにがんばってきたし、今回くらいは大目に見てくださいね。

■『サードプレイス』はおもしろい

そんなわけで、思いつくまま。
いずれきちんと書評を書くつもりだが、訳されたばかりのオルデンバーグ『サードプレイス』(みすず書房)は、かなりおもしろい。みすずの本なので4200円と高価だが、「居場所」や「若者カフェ」等に関心ある方はたくさんのヒントをもらえると思う。

おそらく、これまで感覚的に語られてきた「居場所」について理論化した初めての本なのではないだろうか(あとがきにあるように、老男性学者にありがちなジェンダーバイアス等は我慢して読まなければいけないが)。
高いみすず本だからこそ、逆に「居場所/サードプレイス」が権威づけできるのかも。
ここをクリックするとアマゾンへ

1〜4章の理論編は、理論のようでエッセイ調の構成だから読みやすく、この部分が本書の白眉だろう。
「居場所」的支援メニューを検討されている施設は、公民関係なく参考になる。

哲学好きの僕は、サードプレイスでの人間関係が、「個人」対象ではなく(これはファーストプレイス=家庭やセカンドプレイス=職場・学校での人間関係)、「セット」として、つまり複数の「人間たち」と自分、というコミュニケーションが基板になっているという説明がおもしろかった。

かたまり、つまり「群れ」のような人間の集まり全体に出会うために、サードプレイスを人は訪れる。
そこでは、家庭や職場のような「個人」中心に出会っていくのではなく、サードプレイスにいる人々全員との交流がまずは先にある。
だから、具体的な個人が1時間の中で次々に入れ替わったとしても、それは自分を避けたのではなく、1時間の中で「セット」の構成要素が次々と変化している、と捉えることができる。

家庭や職場ではあえていうと「近代的個人」と我々は出会い、サードプレイスではそうした個人ではなく「セット」としての人間たちと出会う。
この2つのコミュニケーション(個とセット)を並立してもつと、我々にはなぜか余裕が生じてくるようだ。

■光

最後に。
僕は3年前の脳出血以来、あれほど好きだった音楽がなぜかどうでもよくなり、BGMでスティーリー・ダン等は流すものの(BGMとしては最高)、ロックはもちろん、ジャズやクラシックも積極的に聞く気がなくなった。
時々YouTubeは見たりするものの、日常的存在として音楽は消えていた。

それが、この頃なぜかこの曲が頭をぐるぐるまわる。
それは佐野元春の「光」で、佐野の音楽らしく妙にしっとりしているのではあるが、これが911後に作られたという制作話はさておき、この曲がきっかけで音楽に再び向かえそうだ。


佐野らしい二重録音による甘い囁きもご愛嬌。よく考えると、人間は50才を過ぎた頃から「死」を意識し始め、それと比例するように「制作物」も充実していく。文学然り哲学然り。プルーストもデリダも、代表作は50才前後から作り始めている。

あの佐野元春もたぶん50才後半頃なのかな。この曲は40代後半に作ったものだろう。
いずれにしろ、再び音楽に臨むことができて嬉しい。★




2013年11月14日木曜日

「日本のソーシャルセクター」動画と、住吉区フォーラム


■明日、子ども若者「ホーム」レス・フォーラム

ドーナツトークの今年の目玉事業の一つ、住吉区子ども若者サポートシステムづくりの、秋の大型フォーラムの季節がやってきた(下チラシ)。
例年この時期はシンポジウムやフォーラムを手がけてきたが、今年は独立初年度ということもあり、なかなか感慨深い。




ただ、大阪市南部での大きなフォーラムは今回が初めてであり、今までのように大阪市北部でとってきた方法論がそのまま適応できず不安なのも事実だ。
区単独の事業なことから予約受付も行なっていない。定員100名ではあるが、まったく集客数はよめていないので、ご関心ある方はどうぞお越しください。

ひきこもりや発達障がい等の従来の青少年問題と、貧困や虐待等の最新の青少年問題について、5人の論者が直球で語ります。




■動画解説「日本のソーシャルセクター」

それとは別に、先週の土曜日9日は、第3回NPOユースカフェ「ソーシャルアントレプレナー型社会変革タイプNPOとは何か」を開催した。
小規模な集まりではあったものの、議論の内容は非常に濃厚なものとなった。

冒頭、僕が「日本のソーシャルセクター」分類を行ない、その動画をやっとyoutubeにアップロードできたので、ここにリンクしてみよう。

日本のソーシャルセクター1
①目の前の課題解決型、②-1ソーシャル・アントレプレナー型ベンチャータイプ、
②-2ソーシャル・アントレプレナー型社会変革タイプ、③行政補完型


日本のソーシャルセクター2
口頭で簡潔に説明たしのはこれが初めて


こうした分類は、論者によってさまざまなパターンを考案できるが、僕の3類型4タイプがその走りになればいいと思う。
このような分析を耐え抜き、やっと日本のソーシャルセクターは欧米のそれの影が見えてくるのだと考える。

このような議論がなければ、「NPOが不正◯百万円」等の大雑把な報道に反論することもできない。NPOは日本中に47,000もあり、もはやNPOという単称で呼べるものではないからだ。
NPO等のソーシャルセクター自身が、自己を説明できる言葉を獲得する必要がある。単なるボランタリーセクターで甘えられる時代は過ぎ去った。★







2013年11月6日水曜日

イベント①ソーシャル・アントレプレナー社会変革タイプ、②tameruカフェ、そして「オープンとなりカフェ」と住吉区フォーラム


■秋はイベント

秋はイベントのシーズンだが、どうしても僕はそんなイベントの宣伝より前に、自分の書きたいことを気ままに優先してきた。
が、あまりにイベントが重なってきたため、そうも言ってられなくなった。

今回は、11月の半ば頃までに開く予定の、ドーナツトークが直接関係するものを以下に並べてみよう。

■「ソーシャル・アントレプレナー型社会変革タイプとは?」11/9am、NPOユースカフェ

以下、Facebookの宣伝文より。僕が書いた。

⇒NPOユースカフェ③ 「ソーシャル・アントレプレナー型社会変革タイプとは?〜NPO事業マネジメントを通して」

3回目の「NPOユースカフェ」(初回「公共性」、2回目「権力と支援者」)は、「ソーシャル・アントレプレナー型社会変革タイプとは?〜NPO事業マネジメントを通して」をとりあげます。

僕は、現在あるNPOを、①目の前の課題解決型、②-1ソーシャル・アントレプレナー(社会起業家)型ベンチャータイプ、②-2ソーシャル・アントレプレナー型社会変革タイプ、③行政補完型の、3種類4タイプに類別しました。

国内NPOは47,000を超え、「解散(倒産)」NPOもここ半年で1,000件に迫るなか、「自己実現』や「団体存続」のために法人化する「最初の15年」はついに終わりがきたように思えます。

これからは、「マネジメント」をどう捉えるかが、ポイントになっています。
マネジメントという視点からNPO運営を見ていくことが必須の時代になってきたということです。

その際、上の類別は、ある程度役に立つでしょう。

ここでは、「事業マネジメント」を通して、NPO運営の現実を検討していきます。

いつものように田中から問題提起した後、参加者が「カフェ」形式で対話していきます。

※場所は、テーマに連接するようNPO系の施設を探しましたが無理だったため、次善の策として大阪ボランティア協会にしました。みなさまのご参加をお待ちしています。
(一般社団法人officeドーナツトーク 代表・田中俊英)

■参加費 500円
■定員 10名

■日時 11/9(土) 10:00〜12:00
■場所 大阪ボランティア協会・キャンバス谷町(京阪天満橋駅14番出口から徒歩8分、地下鉄天満橋駅3番出口、谷町四丁目駅1番出口から徒歩4分)http://osakavol.org/10/access/
■講師 田中俊英(officeドーナツトーク代表)



■tameru カフェ 11/9pm

これも、Facebookの宣伝文より。これも僕が書いたが、まったりぎみ。

⇒大阪市住吉区で、月2回の「居場所」活動を試験的に始めました(同区ふれあい事業)。
今回は3回目。まったり〜と、時間が流れていきます。

公的施設でのひとつの「サードプレイス」の試み、見学も含めて、どうぞいらっしゃい!!

対象◆15才〜20代半ば頃、高校中退した方、保護者、教員や支援者のみなさん。

日時◆11/9(土)13:00〜17:00
場所◆市民交流センターすみよし南http://www.sumiyoshi-minami.or.jp/center/contact/


■オープンとなりカフェ

これもFacebookの宣伝文より。西成高校となりカフェに、金曜日限定の「オープンとなりカフェ」ができたという、意外にトピックな報告。ニーズが有る。
ドーナツトークのスタッフが書いたが、これまたまったり気味。
⇒今日はハロウィンイベント&となりカフェ2F、オープンカフェの初日でした!

最近の金曜日はまったりDAYが続いていたのに、今日はイベントと2Fオープンで大盛況!(1Fのとなりカフェも少しまったり目でオープンしていました)

となりカフェの新しい展開に生徒さんもテンション上がってました(•̀ᴗ•́)و ̑̑
初めての生徒さんもコーヒーやカフェオレを片手におしゃべり。

毎週金曜日は2Fのオープンカフェも開けますので、今後は、より一層、生徒がゆっくりできる場所と相談できる場所になるようにレイアウトや、スタッフの動き方などより良いものにしていきます!
 

















■子ども・若者の「ホーム」レスとは?〜11/15

これはドーナツトーク・ホームページではおなじみ、11/15住吉区フォーラムのポスター。あっというまに来週だ。みなさま、どうぞよろしくお願いします。

Yahoo!ブログにも宣伝してみた。公的イベントだから、ある意味「ニュース」になると思い、掲載してみたが、さてYahoo!さんは許してくれるかな〜。
子ども・若者の「ホーム」レスとは?

たぶん画期的

なぜか、前職時代よりも忙しくなっているこの秋、みなさま、ドーナツトーク関連のイベントを、どうぞよろしくお願いします。★


2013年11月1日金曜日

「変な大人」とは「クィアな人」のこと〜「変な大人」論13


■ジェンダー・トラブル

最近「クィア理論」との絡みから、また「変な大人」論で新展開をひらめいたので(まあそんなたいしたことでもないが)、忘れないうちにブログっておこう。
その前に、これまでの「変な大人」話のいくつかを下に貼り付けておく。

ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』
デリダ理論を背景とする文章は難解だが、基本的に実践書なのでおもしろい。
「クィア」は確か最終章に登場するので、そこだけ立ち読みもオッケー。
本の写真ではなくここをクリックするとアマゾンに飛べる(はず……)


「クィア」とは通常ジェンダー・セクシュアリティ問題のなかで語られる用語で、通常の性規範から意識的に逸脱することで、性的マジョリティ(ヘテロセクシュアル)が無意識的に抱き振舞っている意識や行動を、クィアのパフォーマンスそのもので問いかけていくものだ。

具体的には、マツコやミッツ等の「おねぇ」の芸能人の方々を思い浮かべていただきたい。彼女らは最初は仕方なくだったのだろうが、ある時点からあえて「変」を戦略的に使うようになったと推察する。

その戦略的「変さ」は確信的なゆえに、ヘテロの人々の何かを根底から揺さぶる。
ヘテロを自認する僕も揺さぶれ、時々自分自身を問うこともあるが、僕はジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』がフェイバリット本(同書がクィア理論のバイブルだと思う)だったりするから、そんなに揺さぶられることはない。

が、マツコもミッツも、性規範に関してはラディカルではあるが、その他社会規範に関してはいたって普通、いや普通どころか極めて保守的だったりする。
単に「性逸脱者」という視点から思い切ったことをずばっと言うから聞いてるこちらはスッとするものの、言ってる中身は単なるオヤジの説教と変わりないという話題も結構ある(たとえば「そりゃ人間は働いてナンボよ!!」とか言ってると思う)。

性に関しては「クィア」であっても、「働く」や「学校に行く」に関してはそれほどクィアではない(ただそれら概念と隣接する「結婚する」「家族を持つ」等に関してはいたってラディカルだから、僕は彼女らを信頼している)。

■「プレイ」ギャルソン

「変な大人」は、一般の規範から若干ずれており、それを不登校・ひきこもり・ニートの子ども若者たちに言葉や行動で提示することで、子ども若者を一時的に「癒やす」ことができるというのは、これまでの変な大人論の中でしつこいほど述べてきた。

そして、子ども若者が徐々に「社会参加」できるようになると、変な大人の効力は逆に効力ではなく邪魔になり(変な大人は社会に戻る人々を混乱させてしまう)、子どもは変な大人からゆっくりと離れていく。その、離れていくことが「支援の成功」になるということも、これまで繰り返し述べてきた。

そして「変な大人」とは、上の言葉を使うと、社会規範的に「クィアな人」だといってもいいかもしれない、と最近僕は思いつき、そう考えると、自分自身のふるまいが一つひとつ意味付けされ、おもしろくなってきた。

たとえば「服装」ひとつとっても、僕は意識的にコム・デ・ギャルソンの「プレイ」ロゴが入ったTシャツを着るようにしている。
まあお金がないからギャルソンのちゃんとしたTシャツは買えないので(2万円くらいはする)「プレイ」ギャルソンは仕方なく(それでも1万円する……)という側面もあるのだが、「プレイ」でも一定の「撹乱」効果はあげることができる。

たとえばこの写真を見ていただきたい。


かなりピントがボケているのが残念なのだが、これは財務省地下にあるレストランでの一枚だ。内閣府「困難を有する子ども・若者及び家族に対する支援の在り方に関する調査研究 企画分析会議」に出席したあと、簡単な交流会で撮影したもの。
ちなみに両側には「内閣府参事官」のKさんと某サポートステーション事業マネージャーのMさんがいらっしゃる(お二人を紹介するのが目的ではないので、写真はカットしています)。

僕が着ているドットTシャツが「プレイ」ギャルソンで、これはドットで目立つもののロゴ自体は小さいため僕としては不満の一着だ。
もっと、大きくて赤いハートマークと、大きな「コム・デ・ギャルソン」というロゴがあったほうがかっこ悪くておもしろいと僕は思っている(夏場はそんなTシャツばかり着ている)。

最近は官庁でもカジュアルな格好が目立たないものの、さすがに霞ヶ関はあまりというかギャルソンはゼロだったので僕としては痛快だった。

ギャルソンスタイルは元々、阪大・臨床哲学の鷲田先生や本間先生の格好をパクったもので、臨床哲学の人はギャルソン好きが結構多かった。
ここに、ニーチェの「遊び」の思想とかぶっているように見える「プレイ」ロゴが重なり、こりゃ「変な大人」を実践するにはちょうどいいやと思って僕は実践している(といっても、本間先生に比べると、まだまだ「変」度は足りないが〈すみません!!〉)。

■クィアなユーモア

服装はパフォーマティブに「変な大人」が実践できて便利だが、「言葉」や「思想」だといくらでもそれを演出することができる。
その裏付けとして、当ブログで述べているような「グローバリゼーション」や「階級社会」等の僕としては真面目な議論があるのだが、変な大人/クィアな人としては真正面から真面目にそれらの議論を語ってしまってはそれは「クィア」ではないため、若干のユーモアを交えて語ることになる。

それが、ある種の真面目な人たちの琴線に触れることがあり、時々(というかしょっちゅう)トラブルになって怒らせてしまうのだが、そうしたトラブルも込みでの規範の「撹乱」だからしょうがない(そうした意味で「ジェンダー・トラブル」というタイトルはおもしろい)。
すみませんとしか言いようがないものの、クィアな人は規範逸脱者であり、マジョリティに巣食うマイノリティだから、どうしても局面によってはすれ違ってしまう。

だからこそ、本人の意志とは別に行動として規範から逸脱してしまったひきこもりや不登校の子ども若者たちから直感的に好感を抱かれるというメリットもある。★