2016年6月30日木曜日

オフコースの魅力





こんなことを今さら言われても「はぁ?」の世界だろうが、1980年前後のオフコースは魅力があった。

添付動画の「哀しいくらい」以外にも、たくさんの魅力的な歌はあり、いまの小田和正もすごいのかもしれないが、あの数年間は何かに乗り移られるようにして魅力的な曲をこれでもかというほどつくっていた。

生粋のロックファンの僕がこんなことを書くのは恥ずかしいのだが、和製スティーリー・ダンといっていいほど、オフコースはすごかった。

というのも、実は僕は当時大学生で、同居している友人K君がいつもオフコースを聞いていた。
特にこの曲や、ラーラーラーのあの曲や、緑の日々なあの曲など、うっとおしいいなあと思うくらい、毎日オフコース漬けなのであった。

そんなK君が数年後、突然逝ってしまった(どんな逝き方かはここでは勘弁)。そういう、思春期の苦さ難しさ唐突さが僕にはその時突き刺さり、いまだにオフコースを聴いた時、支援者を志したいくつかの原点を思い出すのでした。★